完成まであと少し。慎重に作業を進めていく参加者=佐賀市のアバンセ

荒木さとみさん

田中美惠子さん

「どう飾ろうかな」フレームにオリジナルの飾り付けをする参加者=佐賀市のアバンセ

真剣な表情で折り紙のひな人形を作る参加者=佐賀市のアバンセ

折り紙のひな人形をフレーム入りの用紙に貼り付けている様子(提供写真)=佐賀市のアバンセ

作成中の折り紙のひな人形。折り紙の模様が美しい(提供写真)=佐賀市のアバンセ

会場には、折り紙で作られた色鮮やかなひな人形の作品が展示されていた(提供写真)=佐賀市のアバンセ

「完成!」かわいいひな人形のできあがり=佐賀市のアバンセ

 3月3日の「ひなまつり」を前(まえ)に、折(お)り紙(がみ)を使(つか)ってひな人形(にんぎょう)を作(つく)る講座(こうざ)が、佐賀市のアバンセで開(ひら)かれました。参加(さんか)者(しゃ)は日本(にっぽん)折紙(おりがみ)協会(きょうかい)佐賀支部(しぶ)支部長の青柳伊都子(あおやぎいつこ)さん(65)から折(お)り方(かた)やコツを教(おそ)わりました。孫(まご)や友人(ゆうじん)などへの贈(おく)り物(もの)にという参加者もいて、それぞれが心(こころ)を込(こ)めて折り紙を折りました。

 青柳さんはまず、「山(やま)折り」「谷(たに)折り」など折り方の名前(なまえ)を教(おし)え、参加者には折り紙やのりなどの道具(どうぐ)と、折り方が書(か)かれた図(ず)が配(くば)られました。23人(にん)の参加者は図を見(み)たり、先生(せんせい)に質問(しつもん)をしたりしながらおひな様(さま)とお内裏様(だいりさま)を作(つく)り上(あ)げました。
 最後(さいご)に、作品(さくひん)の背景(はいけい)や作品を入(い)れるフレームに桜(さくら)の花(はな)びらをかたどった折り紙を貼(は)り付(つ)けました。みんなで記念(きねん)撮影(さつえい)をして、オリジナルのひな人形の完成(かんせい)を喜(よろこ)んでいました。作品は写真(しゃしん)立(た)てのように卓上(たくじょう)に置(お)いて飾(かざ)れるようになっています。
 青柳さんは「折り紙は季節(きせつ)のイベントなどに合(あ)わせた作品作りが手頃(てごろ)にできる。コミュニケーションツールにもなる」と話(はな)しました。青柳さんは、県内外(けんないがい)の高齢(こうれい)者施設(しせつ)を回(まわ)って折り紙の楽(たの)しさを伝(つた)える活動(かつどう)もしています。

■荒木(あらき)さとみさん(50)=佐賀市

 完成(かんせい)したひな人形(にんぎょう)は、大切(たいせつ)な友人(ゆうじん)にプレゼントしようと思(おも)って作(つく)りました。講座(こうざ)は質問(しつもん)しやすい雰囲気(ふんいき)で、ポイントも分(わ)かりやすかったです。作業(さぎょう)もスムーズに進(すす)みました。折(お)り紙(がみ)はあまりしないけど、自宅(じたく)でもやってみようと思いました。 


■田中美惠子(たなかみえこ)さん(65)=長崎県大村市

 大村市(おおむらし)で、折(お)り紙(がみ)教室(きょうしつ)の先生(せんせい)として折(お)り方(かた)を教(おし)えています。今度(こんど)、教室でもひな人形(にんぎょう)を作(つく)る予定(よてい)なので、青柳(あおやぎ)さんの教え方が参考(さんこう)になりました。今回(こんかい)作った作品(さくひん)は、佐賀県内(けんない)にいる1歳(さい)の孫(まご)にプレゼントするつもりです。

このエントリーをはてなブックマークに追加