環境省の有明海・八代海等総合調査評価委員会(委員長・岡田光正放送大学教授)は7日、年内をめどに改善策をまとめる報告書の策定に着手した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加