千代田中時代はソフトボール部に所属。父親や伯父がハンドボールをやっていたこともあり、神埼清明高ではハンドボールに情熱を燃やした。主将として部をまとめ、春からはトヨタ紡織九州に就職する。

 トヨタ紡織九州の試合を初めて観戦したのは高校1年の時。「まだルールが分かっていなかったけど、レベルが違うな」と感じたという。

 「見て学び、実践したい」とその後も観戦を重ね、攻守の切り替えなどを参考にしてきた。

 「気持ちがプレーに表れ、止めると盛り上がる」とGK岩下祐太選手の気迫あふれる動きに注目。練習で指導してくれた酒井翔一朗選手やサウスポーの松浦慶介選手にも声援を送る。

 「選手たちはみんなすごく走っている。素早いプレーを見せてほしい」。リーグ再開初戦の白星に期待を寄せる。

このエントリーをはてなブックマークに追加