統一選の選挙事務などについて確認した市町選管委員長・書記長会議=佐賀市の佐賀県自治会館

 4月の統一地方選を前に佐賀県内20市町の選挙管理委員会委員長・書記長会議が7日、佐賀市であった。選挙事務の正確性の徹底や、低迷する投票率の向上に向けて啓発を強化することなどを確認した。

 県選管の大川正二郎委員長は、昨年12月の知事選の投票率が過去最低の35・26%だった点を踏まえ「積極的に啓発活動を行い、若い世代への取り組みも念入りにしてほしい」と注文した。会議では、過去のミスの事例を参考にしながら注意を喚起した。

 統一選では、県議選が3月29日告示―4月7日投開票、大町町長選と6市町の議員選が4月21日に投開票される。県議選の立候補届け出事務説明会は2月28日に行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加