無免許運転の公判に、自分で車を運転していった唐津市の契約社員の男(69)が6日、道交法違反(無免許運転)の疑いで現行犯逮捕された。

 唐津署は無免許運転に関する情報提供があったため、この男を捜査中だった。唐津市内の国道で交通取締中、男の軽乗用車を発見。停車させて職務質問をしたところ、容疑が明らかに。調べると、男は昨年、山口県内で無免許運転で逮捕されていた。

 昨年の違反容疑については起訴され、唐津簡裁での公判がまさにこの日。車を運転していた理由を「(無免許運転の罪を裁く)裁判所に向かっていた」と語る男に、警察幹部もあきれ顔だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加