■北陵

 馬場 翔也(ばば・しょうや)3年間皆勤。陸上部で活躍した。「駅伝で仲間との絆の大切さを学んだ」。シーケンス制御などの資格試験にも合格。東芝メモリに就職。「仕事を早く覚えたい」。白石町。(電子科)

 門川 怜央(かどがわ・れお)成績はトップでサッカー部でも活躍した。難関の「ジュニアマイスターゴールド」を取得。「体育大会での優勝がうれしかった」。東レに就職する。佐賀市巨勢町。(電気科)

 林田 真央(はやしだ・まお)成績優秀でクラスの手本になった。建築関連の資格を数多く取得した。「建築士の資格を取り、将来は設計に携わりたい」。山口産業(多久市)に就職する。多久市東多久町。(建築科)

 河野 翔(かわの・しょう)資格取得に努力し、2級土木施工管理技術検定の学科をクリア。祐徳建設興業に就職。「一日も早く仕事を覚え、現場監督として活躍したい」と意気込む。福岡県大川市。(土木科)

 鳴岩 陸(なるいわ・りく)皆勤で学習とサッカー部の活動を両立させた。「チームメートと練習した日々が思い出」。3級自動車整備士の資格を取得。矢野特殊自動車に就職。佐賀市高木瀬町。(自動車科)

 田久保 力斗(たくぼ・りきと)野球部の副主将としてチームをけん引。「夢に向かって努力を惜しまない姿勢で頑張ってきた」と胸を張る。東京消防庁に就職し、消防官になる。佐賀市大和町。(航空科)

 山岸 千花(やまぎし・ちか)剣道部に所属。介護福祉士の資格取得に向け勉強に励んだ。「体育大会でみんなと心を一つにできた」。介護老人保健施設メイプルハウスに就職。佐賀市巨勢町。(生活文化科)

 

■伊万里

 犬塚 晃海(いぬつか・てるみ)甲子園初出場を果たした野球部の主将。試合後に観客から温かい拍手をもらったことが思い出深い。福岡教育大に進学。指導者として甲子園を目指す。伊万里市瀬戸町。

 森戸 大地(もりと・だいち)陸上円盤投げで県新記録を樹立。国体では15センチ差で入賞を逃し、悔しい思いをした。鹿屋体育大に進み、インカレで入賞を目指す。「将来は教師か消防士に」。伊万里市黒川町。

 樋渡 藍華(ひわたし・あいか)生徒会長としてあいさつ運動に取り組むなどリーダーシップを発揮した。甲子園では応援の指揮を執り、応援団優秀賞に選ばれた。国立大理系を志望する。伊万里市脇田町。

 大久保 ゆり(おおくぼ・ゆり)中学、高校の6年間無遅刻無欠席。学業と剣道部の活動を両立させた。国立大文系を志望。「社会的に困っている人に寄り添う仕事をしたい」。伊万里市大川内町。

 里山 素蘭(さとやま・そらん)書道部部長として部員をまとめ、個人では総文祭九州大会で優秀賞を受賞した。国公立大文系を志望。「語学を学び、海外で書道を教えたい」。伊万里市二里町。

 小嶋 美菜子(こじま・みなこ)看護師になり地域に貢献したいという明確な目標を持ち、障害者支援などのボランティア活動に参加した。演劇部や文芸部でも活躍。佐賀大医学部に進む。長崎県松浦市。

 横山 正秋(よこやま・まさあき)理化・生物部の部長。地域の人々と協力しカブトガニの保護活動に取り組んだ。国立大理系を志望。「行政の仕事に就き、地域の活性化に貢献したい」。伊万里市大坪町。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加