作品を眺める来場者=佐賀市役所

 県内の小学生が普段の生活の中で取り組んでいる省エネ活動を紹介する「わが家のエコ自慢コンテスト」(九州電力佐賀支社、佐賀新聞社主催)の作品展が6日、佐賀市役所で始まった。特選や優秀賞などに選ばれた48点が展示されている。14日まで。

 作品は、小学生たちがそれぞれの家庭で実践したごみの分別や節電、節水など、省エネに関する取り組みを絵や図、写真を使って分かりやすく説明している。

 優秀賞に輝いた佐賀市の立石みあさん(春日小4年)は「習い事には歩いて行っている」とし、歩いて行くことで、車で通れない最短距離を行けることや1年間でガソリン代が約5千円抑えられることを紹介。「これからもなるべく徒歩や自転車で移動して、エコに取り組みたい」とまとめている。

 作品展はこれまで、県内の九州電力4営業所や県立美術館でも開催された。

このエントリーをはてなブックマークに追加