幕末の唐津藩主小笠原家は唐津に転封した時から多額の借金があり、表高約6万5000石とはいえ、水野氏が唐津から転封の際に1万7000石、43カ村を幕府領に献上したため、収入はその分減ってしまいました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加