市街地や農地など多様な景色が広がる伊万里高周辺=伊万里市二里町(ドローンで空撮、高度約150メートル)

 

多様な景色広がる県西部

創立100周年に撮影された空撮写真(提供)

 伊万里市二里町に建つ伊万里高校。有田川と伊万里川に挟まれた土地に、市街地や農地があり、遠くには山々も見える多様な景色が広がっている。校舎を挟み込むように松浦鉄道が延び、田畑の間を列車が走る風景はのどかさを感じる。
 長崎県との県境に近く、同校へ越県通学する生徒もいる。地域とのつながりは非常に強く、体育祭では出身中学別でチームを編成しているという。
 昨春に21世紀枠で初出場を遂げた選抜高校野球大会では、地域ぐるみの熱い応援を背に、強豪大阪桐蔭と熱戦を繰り広げた。

 

 

 

◆犬塚加代子校長

 伊万里高等学校は現在、伊西地区の普通科進学校として、勉学と部活動との両立を図りながら、大学進学を志す次代を担う人材の育成に努めております。そのような中、創立102年目の昨年、春の選抜甲子園に21世紀枠として初出場を果たしました。地域に根ざし、地域に愛され、地域になくてはならない学校を目指して、今後もまい進していきます。


 

 

◆生徒会長 三浦優芽さん

 伊万里高校では、生徒が毎日学業や部活動などに一生懸命励み、3年間という短い高校生活を有意義に過ごしています。伊万里高校といえばなんといっても伊高祭です。体育の部で行われる応援合戦では、各学友団の迫力ある舞いが圧巻です。
 支えてくれている方々への感謝を忘れず、地域の方に愛される学校を創りあげていきます。

------------------

 佐賀県内の高校を、周辺景色とともに空撮したものを連載します。通い慣れた校舎、通学路の町並みをいつもと違った角度からご覧ください。

▶電子新聞に複数写真

 

動画

このエントリーをはてなブックマークに追加