佐賀県知事や幹部職員でつくる明治維新150年事業推進本部会議は5日、県庁で会議を開き、1月14日に閉幕した「肥前さが幕末維新博覧会」を総括した。山口祥義知事は、成果の継承が今後の課題との認識を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加