発表を前にダンスを取り入れる演出をした健康福祉系列の生徒=神埼市中央公民館

 神埼市の神埼清明高(岩村彰校長)は1日、生徒が勉学の成果を披露する「第17回総合学科発表会」を神埼市中央公民館で開いた。学年や系列ごとにキャリア教育や海外研修の成果を示した。

 食品科学系列は「佐賀県産の食材を使った炊き込みご飯」をテーマに発表。アスパラガスやタマネギなどの県産食材を使って和風、洋風、中華の3種類作ったことを紹介した。健康スポーツ系列の「ガッツ肉体改造計画」は、プロテインを使うことで効率的に鍛えられることを、実際に生徒自らが試したデータを基に証明し、「運動後に取ることがおすすめ」と話した。生活福祉系列は、ダンスを取り入れながら、デイサービスで高齢者と交流して感じたことを発表した。

 人文教養系列は「待機児童について」、みどり系列は「ポテチへの道」、情報ビジネス系列は「デジタルで絵を描いてみたい」という内容で研究を披露。海外研修の報告やパネル展示、農産加工品の販売などもあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加