利用者の間を縫い、次々と臭いを嗅ぐ検疫探知犬=佐賀市の佐賀空港

 口蹄疫(こうていえき)や鳥インフルエンザなど、海外からの家畜伝染病の侵入を水際で防止しようと、農林水産省動物検疫所が4日、佐賀市の佐賀空港で国内への肉製品持ち込み禁止などを呼び掛けた。佐賀空港初となる検疫探知犬を用いた探知活動も併せて実施した。

 動物検疫所や日本養豚協会の県内業者ら17人が、利用客に中国語と日本語で書かれたチラシや啓発メッセージを添えたティッシュを配った。探知活動では手荷物の中から肉製品や果物などの農産物をかぎ分ける検疫探知犬が登場。荷物を受け取った利用者の間を行き来しながら、素早く臭いを嗅ぎ、発見すると座って知らせた。この日は中国上海便1便から手羽先の加工品1件を探知した。

 昨年9月から中国で死亡率が100%に近い「アフリカ豚コレラ」が80件近く発生していることから、アジア圏内からの人や物の動きが活発になる春節(旧正月)に合わせて実施。動物検疫所福岡空港出張所の三上稚夫所長は、肉製品持ち込み禁止に触れ「検査せずに持ち込むと処罰の対象になる。十分注意を」と呼び掛け、畜産関連施設に行かないこと、家畜に触らないことも強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加