ノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア氏の著書「不都合な真実」を翻訳した環境ジャーナリスト、枝廣淳子さんの講演会(佐賀市主催)が18日午後3時から、佐賀市のグランデはがくれで開かれる。「地域経済を創りなおす」をテーマに、市民や企業が取り組める地球温暖化対策や地域経済の循環について語る。定員は100人で入場無料。

 枝廣さんは大学院大学至善館(東京)教授で、中央環境審議会委員や東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会委員を務めている。当日は地方の実情を踏まえながら、地球温暖化と地域経済の二つの問題に対応しつつ、地域が元気になる方策を考える。

 申し込み締め切りは8日。定員を超えた場合、佐賀市民を優先する。申し込み・問い合わせは特定非営利活動法人温暖化防止ネット、電話0952(37)9192。

このエントリーをはてなブックマークに追加