力強く選手宣誓する碇幸樹選手=神埼市役所

 第59回郡市対抗県内一周駅伝大会(15~17日)に出場する神埼・吉野ヶ里チームの結団式が4日夜、神埼市役所で開かれた。監督、選手ら約40人が出席し、昨年8位からの浮上を誓った。

 選手たちは式の前に、市役所そばの櫛田宮で必勝祈願に臨んだ。式では、神埼市陸協の花田健児会長と吉野ヶ里町体協陸上部の古川直道部長らが「1年間の練習の成果を発揮し、躍進してほしい。男子、女子が一丸となっての戦いを期待している」と激励した。

 選手を代表して碇幸樹選手(23)=佐賀県庁=が「おれがやる、おれたちがやってやるという強い気持ちを持ち、33区間全力で駆け抜ける」と宣誓。天野一成監督(52)は「粘り強く走れるチームに仕上がった。昨年は敢闘賞だった。今年は躍進賞を目指す」と意気込んだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加