厘外は江戸時代に上厘外村と呼ばれ、南には高太郎、東には上飯盛と鹿子、正里、高柳に接し、クリークの多い水田地帯であったが、厘外中村周辺では今日、開発が急速に進み、住宅建設、企業の進出などで往事の面影を…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加