■致遠館

 篠原 菫(しのはら・すみれ)英国でのホームステイ体験が、視野を世界へと広げた。在学中に英検準1級を取得。国立大文系を志望し「将来は語学を生かした仕事を」と意気込む。佐賀市高木瀬東。(普通科)

 森 奏斗(もり・かなと)次世代リーダー養成塾で、全国の仲間との議論が刺激になった。九州大共創学部に進み、「子どもの貧困などグローバルな課題を直視したい」と学究を志す。吉野ヶ里町。(普通科)

 香月 彩菜(かつき・あやな)貧困問題などを同世代が考え合う会議に臨んだのが一番の思い出。熊本大文学部に進み「ボランティアを数多く経験する」。好きな言葉は「一所懸命」。佐賀市伊勢町。(普通科)

 岡村 宙海(おかむら・ひろみ)県内高校生では屈指の硬式テニスプレーヤー。県大会で個人戦など3冠に輝く。「最新スポーツ製品を開発したい」と、慶応義塾大理工学部に進む。佐賀市兵庫町。(理数科)

 毛利 元紀(もうり・げんき)「言い訳は進歩の敵」を糧に、主将として野球部をけん引。「みんなが自分を成長させた」と感謝する。災害に強い街づくりを目指し長崎大工学部へ。佐賀市新生町。(理数科)

 船津 千加(ふなつ・ちか)書道部に所属し、かな作品に挑み続ける。「書いていると無心になり、自分との闘い」。「故郷の地域医療を支える医師になる」と国立大医学部を目指す。神埼市神埼町。(理数科)

 牟田 真悟(むた・しんご)弓道部副部長を担い「相手への敬意と信頼を学んだ」。国立大理系志望。「利便性と安全性を備えたソフトウエア研究を深めたい」と情報工学に関心を寄せる。佐賀市若宮。(理数科)

 

■杵島商

 坂口 竜飛(さかぐち・りゅうひ)県総体で4強入りしたソフトテニス部主将。「杵島商の時代に部の悲願を果たし最高」。武雄看護リハビリテーション学校で理学療法士を目指す。武雄市西川登町。(情報処理科)

 江川 侑花(えがわ・ゆうか)3年間成績トップ。試合終了間際に同点に追いついた3ポイントシュートを胸に刻む。診療情報管理士を目指し、ILPお茶の水医療福祉専門学校へ。武雄市山内町。(情報処理科)

 田中 秀明(たなか・ひであき)全商検定1級に6種目合格。電卓では全国大会に。学校のネットショップモールの社長で「商談の段取りなど楽しかった」。麻生情報ビジネス専門学校へ。白石町。(情報処理科)

 武富 裕以(たけどみ・ゆい)バスケと勉強を両立できた3年間は「私らしく過ごせたので百点満点」。部活の合宿や遠征で「自分のできることを考え、積極性が身についた」。佐賀銀行に就職。江北町。(商業科)

 古賀 航(こが・わたる)多くの検定に合格。バスケ部副主将も務めた。文化祭で夜遅くまで段ボールの恐竜を作ったのが思い出。「あっという間の3年だった」。ダイハツ工業に就職。小城市牛津町。(商業科)

 副島 康佑(そえじま・こうすけ)生徒会長、海外研修、電卓競技と充実した3年間だった。「人前で話すことが苦手でなくなり、チャレンジする人になれた」。起業を目指して福岡大商学部へ。北方町。(商業科)

 野上 翔(のがみ・しょう)ボクシングで全国を目指すため鳥栖から通った。2年の全国選抜で全国準優勝、九州大会では優勝を重ねた。拓殖大で「1年からレギュラーになり全国制覇」。鳥栖市浅井町。(商業科)

このエントリーをはてなブックマークに追加