時間外労働の上限規制導入などを周知するチラシを配る連合佐賀関係者=佐賀市のJR佐賀駅周辺

 労働団体の連合佐賀は4日夕、4月から始まる時間外労働の上限規制などを周知するため、佐賀市のJR佐賀駅周辺で街頭活動をした。歩行者にチラシを配り、長時間労働の是正や有給休暇の取得促進などを呼び掛けた。

 時間外労働に関する労使協定(三六協定)のPRも兼ねて実施した。4月1日施行の働き方改革関連法は、時間外労働に初めて罰則付きの上限規制を導入、年次有給休暇の取得の義務化なども盛り込んでいる。

 連合佐賀の青栁直会長は「規制によって、経営側が労働時間を意識するきっかけになる。労働時間が減っても賃金を確保していくことが重要」と話した。

 連合佐賀などは6~8日に「連合全国一斉集中労働相談ホットライン」を開設し、電話で相談に応じる。午前10時から午後7時までで、電話は0120(154)052。

このエントリーをはてなブックマークに追加