佐賀県アマ囲碁最強者戦の優勝大会で対局する出場者たち=佐賀市の日本棋院佐賀中央支部

 第41期佐賀県アマ囲碁最強者戦(佐賀新聞社主催)の優勝大会が3日、佐賀市駅前中央の日本棋院佐賀中央支部であった。この日は準決勝までがあり、橋口正さん(62)=武雄市=と藤村勇斗さん(17)=東明館高2年、鳥栖市=が決勝進出を決めた。2人は来月9、10日、最強者のタイトルを懸けて三番勝負に挑む。

 優勝大会には11人が参加。予選のパラマス戦に7人が出場し、勝者4人とシード勢の4人が本戦で対局した。

 来月、決勝に挑む橋口さんは「準決勝では相手のミスを拾って勝利することができた。決勝では自分なりに精いっぱい打ちたい」と意気込んだ。橋口さんはこれまでに3度、最強者となった実力者。来月は2期ぶりの最強者タイトルを目指す。最近は週に1度、地元で対局し練習を重ねている。

 藤村さんは「準決勝では、ゴールが見えないような難しい対局だった」と振り返りつつ、勝利をつかんだことに安心した表情を見せた。「決勝では時間の使い方に気を付けたい」と話した。橋口さんとはこれまで4回ほど対局したことがあるという。学校の勉強や所属するサッカー部の練習にも力を注ぎながら、新鋭として力を発揮する。

 3位の古川恭正さん(16)=早稲田佐賀高1年、唐津市=には、佐賀市長賞が贈られた。

 

パラマス戦(予選)=敬称略

古賀健一郎(六段(4)) 中押し 松尾 幸夫(五段(5))

安東 良寛(六段(5)) 中押し 樋口 光典(五段(4))

小栁 一三(五段(3)) 不戦勝 古賀 伸也(六段(6))

樋口  駿(五段(1)) 10目半 西山  徳(六段(7))

本戦トーナメント

▽1回戦

藤村 勇斗(六段(1)) 中押し 小栁 一三(五段(3))

古川 恭正(六段(2)) 中押し 安東 良寛(六段(5))

川原 哲朗(六段(3)) 13目半 樋口  駿(五段(1))

橋口  正(第39期最強者) 中押し 古賀健一郎(六段(4))

▽準決勝

藤村 勇斗 12目半 古川 恭正

橋口  正 中押し 川原 哲朗

▽3、4位決定戦

古川 恭正 中押し 川原 哲朗

▽5、6位決定戦

樋口  駿 16目半 安東 良寛

▽7、8位決定戦

古賀健一郎 中押し 小栁 一三

このエントリーをはてなブックマークに追加