■佐賀工

 鴨川 理人(かもがわ・りひと)生徒会の体育委員長。女子も楽しめるクラスマッチや、開会式から盛り上がる体育祭を模索し「精神的に成長できた」。マツダ(広島)に就職する。佐賀市神野西。(機械科)

 山田 航平(やまだ・こうへい)ラグビー部副主将。司令塔として戦術を組み、福井国体3位に貢献した。関東学院大経済学部に進学。「母校へ生徒を送り出す中学教師」の夢を追う。佐賀市川副町。(機械科)

 森 千真(もり・かずま)厳しいバドミントン部で得た「何事にも全力」という信念や「人生を変えた出会い」が宝物。県庁に就職し、挑戦心あふれる「経験豊富な大人」を思い描く。佐賀市多布施。(電気科)

 副島 章平(そえじま・しょうへい)ほぼ全教科で好成績を保ち、友人にも頼られた。補習を存分に使い多彩な資格を取得。「趣味も充実した社会人」を理想とし、九州電力に就職。佐賀市西与賀町。(電気科)

 辻 龍汰(つじ・りゅうた)生徒会長を経てコミュニケーション力が付いた。柔道部で模範競技者賞。最後の県総体は団体決勝で敗れるも「納得いく柔道だった」。大阪教育大へ。小城市芦刈町。(電子情報科)

 北島 康介(きたじま・こうすけ)入学時の目標「1年に一つの国家資格取得」を達成した。「先生の力が大きかった」。戸上電機製作所で「社会を支える製品の開発」を志す。佐賀市神野西。(電子情報科)

 江島 寛太(えじま・かんた)成績優秀。盲学校に贈る住宅模型制作で「依頼者のことを考えて作る経験ができた」。「誰にとっても安全な施設を建てたい」と中野建設に就職する。小城市三日月町。(建築科)

 

定時制

 石丸 裕之(いしまる・ひろゆき)資格取得や写真での県総文祭特選、全国総文祭など「先生のおかげでいろいろな経験ができた」。カネカ西日本スチロール(神埼市)に就職する。佐賀市東与賀町。(機械科)

 糸山 晃輔(いとやま・こうすけ)バレーボール部と野球部の主将、アルバイトに生徒会長もこなし活躍した。「チャレンジ精神を持つ強い大人」を目標にシグマ(佐賀市)に就職。佐賀市大和町。(機械科)

 

唐津商

 土井 克也(どい・かつや)野球部主将でチームの大黒柱。1年で甲子園出場し、3年は県大会準優勝。「決勝で負けた悔しさを糧に大学で優勝し、将来はプロに」。神奈川大に進む。唐津市東町。(商業科)

 坂井 友哉(さかい・ともや)弓道部に所属し、2年時に九州大会で個人優勝。「いい先輩、後輩、同級生に恵まれた」。武雄看護リハビリテーション学校に進み、理学療法士を目指す。唐津市新町。(商業科)

 前谷 恵里(まえたに・えり)選択授業でハングルに力を注ぎ、「国際交流会で韓国の学生と仲良くなれた」。水泳部主将でも活躍。地元のビートスイミングクラブで水泳を指導する。唐津市呼子町。(商業科)

 中村 仁美(なかむら・ひとみ)簿記など資格取得に努め、OA部ではワープロの九州大会に出場した。唐津プレシジョンに就職。「いま自分があるのは両親のおかげ。恩返ししたい」。唐津市鎮西町。(会計科)

 松本 凌実(まつもと・りょうま)「ほとんどの時間を野球に費やした」と白球を追い続ける日々も、成績は学年上位を維持。佐賀大経済学部に進み、日韓貿易に携わる仕事を目指す。唐津市神田。(会計科)

 保利 直輝(ほり・なおき)生徒会副会長。日商簿記2級など取得。簿記の勉強を通し、税理士を目指すと決めた。「担当企業を通して地元に貢献したい」。山口大経済学部に進学。唐津市浜玉町。(会計科)

 橋本 京果(はしもと・きょうか)ネットモールの「からつ学美舎(まなびや)」社長。ソフトテニスでは九州大会出場。「いろんな体験ができて商業でよかった」。JR九州に就職。唐津市後川内。(会計科)

 

定時制

 林 祐臣(はやし・まさおみ)生徒会長、バスケ部主将でリーダーシップを発揮した。バイト先の中山牧場に就職。「晴れて正社員となるので、人工授精師の免許も取って貢献したい」。唐津市神田。(商業科)

 松尾 汰樹(まつお・たいじゅ)「コミュニケーションが苦手な私でも仲良くしてくれた」と友人との日々が思い出。福岡デザイン&テクノロジー専門学校でゲームプログラマーを目指す。唐津市橋本町。(商業科)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加