佐賀商

 内山田 広輝(うちやまだ・ひろき)生徒会長で、サッカー部に所属。1年生の時から、友人と自主的に通学路のごみ拾いを行ってきた。JR九州に就職し、「必ず親孝行する」と誓う。大町町。(商業科)

 木村 颯太(きむら・そうた)野球部主将。念願の甲子園出場を果たした。関東学院大経営学部に進学する。「1年目からレギュラーを目指し、4年後はプロ野球選手に」と燃える。佐賀市神野西。(商業科)

 北島 里菜(きたじま・りな)陸上部でハンマー投げの選手。3年時に県記録を更新し、初のインターハイ出場を果たした。ゆめタウンを展開するイズミ(本社・広島市)に就職。多久市南多久町。(商業科)

 久米 美穂里(くめ・みおり)成績優秀。経営などを学ぶため、台湾での研修にも参加した。長崎大経済学部に進学。「知識を生かし、日本の伝統文化の発信や発展に携わりたい」。佐賀市嘉瀬町。(商業科)

 藤田 章吾(ふじた・しょうご)全商1級7種の資格を取得した。佐賀大学経済学部で学び、「佐賀県の企業を支える経営コンサルタントになりたい」と将来を見据える。神埼市神埼町。(情報処理科)

 小栁 良太(こやなぎ・りょうた)テニス部で文武両道に努めた。公務員試験に向け、早くから計画的に取り組み、福岡県庁へ。「他の地方から来た人に九州の魅力を伝えたい」。佐賀市鍋島町。(情報処理科)

 山本 美咲(やまもと・みさき)社長を務めたオンラインストア「さが学美舎」は、企業と連携した取り組みが評価され、内閣府特命担当大臣表彰を受賞した。戸上化成に就職。佐賀市久保泉町。(情報処理科)

 

定時制

 坂井 孝輝(さかい・こうき)3年間皆勤。3年間で卒業するため、佐賀北高の通信制と併修。「アルバイトにも全力で取り組んだ」。福岡大商学部第二部の進学を目指す。佐賀市大財。(総合文化科)

 藤山 憂花(ふじやま・ゆうか)定時制の女子バスケットボール部主将。全員初心者だったメンバーと力を合わせ、全国大会にも出場。自衛官候補生となり、自衛官を目指す。武雄市北方町。(総合文化科)

 

敬徳

 山口 優樹(やまぐち・ゆうき)生徒会長。学業は常にクラストップで、陸上競技1600メートルリレーで県総体3位に入賞した。トヨタ自動車に就職。「開発の仕事をしたい」。武雄市武内町。(自動車整備科)

 川原 崚(かわはら・りょう)剣道部主将として、全国選抜大会3位の快挙を成し遂げた。「練習はとても厳しかったけど、心身の成長を実感している」。JR西日本に就職する。佐賀市三瀬村。(普通科)

 丸尾 竜之(まるお・たつし)こつこつと努力するタイプで、何事にも真面目に取り組んだ。サッカー部では副審など人が嫌がる事も率先して引き受けた。名村造船所に就職。伊万里市脇田町。(自動車整備科)

 藤家 宇章(ふじいえ・たかあき)剣道の特待生。レギュラーになれず悔しい思いもしたが、「サポート役で頑張ろう」と気持ちを切り替え、仲間を支えた。JR九州に就職する。鹿島市納富分。(普通科)

 大瀬良 力(おおぜら・りき)陸上競技のやり投げで県優勝など好成績を収めた。「中学の頃の自分からは考えられないほど」学業や資格取得にも励んだ。マツダに就職。伊万里市大川内町。(自動車整備科)

 中村 大輝(なかむら・だいき)高校生ものづくりコンテスト県大会で最優秀賞、九州大会で3位入賞を果たした。子どもの頃からスポーツカーが好きで、トヨタ車体で働く。唐津市浜玉町。(自動車整備科)

 牧瀬 宏陽(まきせ・こうよう)生徒会副会長。県総体の陸上1600メートルリレー、400メートルハードルでいずれも3位入賞。けがに打ち勝った。龍谷大経済学部に進み、陸上を続ける。伊万里市山代町。(普通科)

 

通信制

 田嶋 遥(たじま・はるか)周囲に流されない心(しん)の強さを持つ。独学で英検2級に合格。「外国の文化を学び、それを生かせる仕事をしたい」。筑紫女学園大文学部に進学。嬉野市嬉野町。(普通科)

 山添 眞以留(やまぞえ・まいる)周囲に気配りができる。西日本豪雨の後、街頭で被災地への募金活動に取り組んだ。西九州大健康福祉学部に進学し、保健体育の教師を目指す。唐津市肥前町。(普通科)

このエントリーをはてなブックマークに追加