リフォームフェアで企業担当者から説明を聞く来場者=佐賀市のメートプラザ佐賀

 佐賀県内のリフォーム関連企業が一堂に会する「さがリフォームフェア2019」(佐賀新聞社主催)が2日、佐賀市のメートプラザ佐賀で始まった。10社・団体が展示した耐震や防犯、バス・トイレなどの最新設備を見て回る来場者でにぎわった。3日まで。

 会場では、担当者が耐震補強や塗装、水回りの設備など実物や模型を示しながら機能を説明。来場者は住居の悩み、不満を相談した。担当者によると、熊本地震が発生してから、耐震に関する相談が飛躍的に増えたという。

 小城市の梶原美和さん(38)は「いろいろな企業が出展していて、話が聞けるのでとてもいい。最新設備が見られ、気軽に相談できる雰囲気も良かった」と感想を述べた。

 3日は防災や収納、健康、浴室リメークなどをテーマにしたセミナーが開かれるほか、園芸寄せ植えやハーバリウムボールペン作り体験もある。開場時間は午前10時から午後4時まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加