小城市の全ての小中学校と保育、幼稚園で1月30日、地元の食材をふんだんに使った統一メニューの給食が提供された。地産地消を推進する市の「ふるさと食の日」の一環で、全16施設の子どもたちが味わった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加