恒例の豆まき会が2日、吉野ヶ里町の三田川児童館であった。子どもたち約30人が豆に見立てた紙を鬼にぶつけ、玄関の外にまで追い出し邪気を払った。 直鳥信明館長が、立春の前日である節分の由来を紹介。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加