9日ぶりにグラウンドでボールを使った練習を再開したDF高橋祐治=沖縄県の読谷村陸上競技場

9日ぶりにグラウンドでボールを使った練習を再開したDF高橋祐治=沖縄県の読谷村陸上競技場

 サッカー・J1サガン鳥栖は1日、沖縄キャンプ13日目を迎えた。全体練習から離れ、トレーニングマッチにも未出場だったDF高橋祐治が、9日ぶりにグラウンドでボールを使った練習を再開した。

 高橋祐は昨季、J2京都から加入。センターバックとして先発に定着し、リーグ戦30試合に出場した。187センチと長身で空中戦に強く、2年目の今季はさらなる飛躍を誓っている。

 1月23日の紅白戦の翌日から主にグラウンド外での調整が続いていた。1日は全体練習には加わらなかったが、短いダッシュのほか、ボールを使ってパスやトラップなど明るい表情でこなした。

 開幕戦まで3週間だが、「全然大丈夫です」と高橋祐。同じく別メニューで調整を続けるMF安庸佑(アン・ヨンウ)も、全力に近いダッシュを見せるなど、順調な回復ぶりを示した。

 チームは2日、昨季J2で6位となり、J1参入プレーオフの決定戦まで進んだ東京Vとトレーニングマッチを行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加