圃場整備中だった上峰町堤の八藤(やとう)丘陵からマツ科トウヒ属の巨木など多数の倒木群が出土した。その後の調査で、巨木は約9万年前の阿蘇第4火砕流で倒されたヒメバラモミだと確認された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加