咲き乱れるブーゲンビリアの花に囲まれて舞うフラガール=唐津市浜玉町のブーゲンの森

 咲き乱れるブーゲンビリアの中でフラダンスを披露するイベント「唐津フラガール・フェスティバル」が2日から毎週土日曜、唐津市浜玉町のブーゲンの森で始まる。冬に南国の雰囲気が楽しめる。24日まで。

 約2千平方メートルの森には、約40種のブーゲンビリア約千本が植わる。開催日には、場内でハワイアンが流れ、約20人のフラガールが舞う。来場者は赤やピンクの花と、ダンスが見物できる。

 ブーゲンビリアは夏の花のイメージがあるが、秋から夏にかけても咲くという。「この時期も見頃だとは知らない人も多く、客足が減るのが課題だった」と園の宮崎義之代表(34)。冬でも楽しめることを知ってもらおうと、イベントを企画した。

 共に主催するフラダンスインストラクターの末次みち子さん(49)=福岡市=も「本場ハワイでも踊ったことはあるが、こんな素晴らしい環境はなかった」と絶賛し、「来場者に笑顔を届けたい」と意気込む。

 2月の土・日曜、午後1時から同3時まで。入園料400円。フラガールも募集している。問い合わせはブーゲンの森、電話0955(70)5757。

このエントリーをはてなブックマークに追加