■ さあ、何して楽しもう

この作品は、私がモラージュに対するイメージを描いたものです。女の子がUFOキャッチャーのアームに乗って、どのクマのぬいぐるみを取ろうか迷っている姿を、モラージュでどこで何をしようか迷っているように見立てました。女の子はお客様、クマのぬいぐるみはモラージュの中にあるさまざまなお店に例えています。クマの見た目を色とりどりにしたことによって、ファミリーレストランやファッションセンター、さらには映画館などがあり、UFOキャッチャーのように店内のいろいろな店に行けること、UFOキャッチャーのように楽しい場所であることを表しました。私なりに表現したモラージュの楽しさ、面白さが皆様に伝わってくれるとうれしいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加