早稲田大学の創設者で佐賀の七賢人にも名を連ねる大隈重信(1838~1922年)の九十五回忌法要が命日の10日、佐賀市の龍泰寺であった。早稲田大OBなど約40人が参列し、大隈侯の遺徳をしのんだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加