■ 悩みをはなそう

コンセプトは「悩みを一人で抱えず、誰かに話してみよう」という意味を込めました。キャッチコピーは「悩みをはなそう」です。「はなす」がなぜ平仮名かというと、悩みを誰かに「話す」ことと、抱えている悩みを「離す」こと。悩みを「話す」と「離す」の二つの意味を込めて、あえて「はなす」というふうにしました。デザインは精神科の堅いイメージをなくすために、なるべく暖かい色を使うようにしました。また、画材特有の線を生かしたかったので、クレヨンと色鉛筆を使い、柔らかい感じを表現しました。人物は子ども、大人、高齢の方を描くことで、対象が幅広い年代であることを表しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加