■ あなたの心によりそいたい

精神的に疲れている人を助けたい、力になりたい、という思いを表現したく、羊毛フェルトで柔らかい雰囲気をつくりました。また、気軽に来てほしい、誰でも来ていいというのを伝えるために、男でも女でも、子どもでも大人でもない「ひと」を置きました。背景は青々強い芝生で健やかさを表現しました。この広告を見て、悩みがある人や思い悩んでいる人が少しでも精神科病院に興味を持ち、良いイメージを抱いて病院に足を運んでくれれば、鬱は心の持ちようじゃなく、脳の病気で治すことができるんだ、ということを知ってほしいと思います。具体的なことを描いてもよかったのですが、疲れた人は文字を見るのはつらいだろうと思い、ほんわかして目を引く広告にしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加