長崎県平戸市の松本勉さん(39)と中学3年生の隼斗さん(15)親子は3日、同市宮ノ浦で27.8キロの巨大なアラを釣り上げた。ルアーの細い竿(さお)で釣れた“まさかの大物”をレポートする。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加