地質学、岩石学の研究者で1986年以降、4次にわたって日本南極地域観測隊に参加した小山内康人・九州大学大学院教授が19日、唐津市で南極調査の歴史と意義を語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加