厳木

 浦丸 大翔(うらまる・ひろと)ソフトテニス部主将として、チームを引っ張った。3年間、皆勤を貫いた。日野自動車(東京)に内定。「早く仕事を覚えて会社に貢献したい」と意気込む。唐津市浜玉町。

 坂本 隆道(さかもと・りゅうじ)3年時、福井国体のアーチェリー少年男子団体で3位に輝いた。「勉強との両立は大変だったが一生の思い出になった」。春から昭和自動車で整備士として働く。佐賀市木原。

 畠江 舞(はたえ・まい)卓球部主将で、放送部にも所属した。勉強でも好成績を維持した。3年時の体育祭、クラスで出場した30人31脚が一番の思い出。リョーユーパン福岡工場に勤める。唐津市相知町。

 佐々木 奨太(ささき・しょうた)野球部主将。3年時の甲子園予選で手の指の骨折をおして出場。初戦で敗れたが「夢中になれてよかった」。マツダ(広島)で働き、「親に恩返ししたい」。唐津市浜玉町。

 新井 まのあ(あらい・まのあ)生徒会役員を務め模範的な生徒だった。美術部では「大好きな先輩、先生に出会えた」。3年時の県総文祭でデザイン部門1席に選ばれた。まいづる百貨店に就職。唐津市山本。

 岩本 理奈(いわもと・りな)成績は常に上位で、次世代リーダー養成塾に県代表として参加するなど校外活動にも力を入れた。私立大文系を志望。仏語、英語を勉強し「人と違うことがしたい」。唐津市養母田。

 中山 はな(なかやま・はな)生徒会副会長。皆勤。2年時、聞き書き甲子園に出場。アユ漁師を取材し、話を引き出す難しさを感じた。短大を受験し「生徒に寄り添う養護教諭になりたい」。神埼市神埼町。

 

佐賀清和

 藤瀬 菜月(ふじせ・なつき)剣道部で部長を務め「人に意見を伝えられるようになった」。簿記や電卓の資格も取得。佐賀大経済学部に進学する。「夢は公認会計士」。多久市北多久町。(情報ビジネス科)

 山田 真奈(やまだ・まな)3年間バレー部レギュラー。3年時の全国総体で8強、春高バレーでベスト16に入り「悔いなく引退できた」。小糸九州に就職、早く仕事を覚えたい。佐賀市東与賀町。(普通科)

 宮崎 泰知(みやざき・たいち)ハンドボール部部長と受験勉強を両立。福岡県警に就職、小学生の頃から夢だった白バイ隊員を目指し「信頼される警察官になり活躍したい」。佐賀市東与賀町。(探究文理科)

 香月 理沙(かつき・りさ)弓道部で判断力や平常心を身につけた。1、2年とも成績優秀者。西南学院大商学部で金融や教育を学び、「公務員か中学社会科教諭になりたい」。佐賀市嘉瀬町。(探究文理科)

 田中 美和(たなか・みわ)放送部特待生として部活と勉強に励んだ。NHK杯で総合優勝を果たし、「ほっとした」。筑波大人文・文化学群で古代オリエント史を学ぶ。佐賀市東与賀町。(特別進学科)

 内田 太一(うちだ・たいち)弓道部で約60人をまとめる部長や体育祭の応援団リーダーを歴任。福岡大看護学科に進み「看護師になり、子どもと同じ目線で子どもを笑顔にしたい」。佐賀市兵庫町。(特別進学科)

 野中 深友(のなか・みゆ)生徒会書記、熊本震災ボランティアに尽力。模試の総合成績で県1位も。英検準1級、英語暗唱大会県2位。「語学を学びたい」と国立大文系を志望する。佐賀市蓮池町。(中高一貫科)

このエントリーをはてなブックマークに追加