■大切な人との夢が広がる

最初にシエンタの説明を聞いた時、家族や友達と楽しく乗っているようなイメージがわいたので、大切な人という言葉をキャッチコピーに入れました。自分にとっての大切な人は家族や恋人だったり、友達だったりそれぞれ違いますが、大切な人と出かけることは、とてもワクワクすることだし夢が広がると思います。そのワクワクを画面全体で表現したいと思ったので、シエンタで持っていける物をパンフレットやホームページを参考にして描きました。そして、明るい色にしてワクワク感を表現しました。シエンタの説明をしていただいたとき、趣味がある人にもこの広告に興味を持ってほしいと思ったので、趣味として多くあげられるものも描きました。目立つ色をたくさん使ったので、新聞に載ったときに目に留まりやすいと思います。若い世代を中心に、子どもから大人までこれを見る人にとって分かりやすい広告になることが、私がこの広告を描くにあたっての最終目標だったので、そうなるように書きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加