■みんなで楽しい New SIENTA

今回、シエンタが若いファミリー層をターゲットにしているということで、迷路を広告の中に入れることで小さい子どもに遊んでもらい、そのターゲットにより多くの時間、広告を見てもらおうという意図でこの広告を描きました。初めて広告を作りましたが、広告を作っていく中で、これは今までのポスター制作に似ているなと感じました。なので、今までの経験を生かし、自分の描きたい絵と、佐賀トヨペットさんが望んでいる広告像をうまくまとめることを意識しました。また、描く内容を絞り、それを大きく載せることで、この広告をより多くの人の目に留まってもらえるようにしました。今までは、それほど車に関心はなかったですが、「あっシエンタだ」といったように、コンクールに参加して車を意識して見るようになりました。そういったことも、この広告作りの上で生かせたと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加