福岡市博多区のJR博多駅前で起きた道路陥没事故の原因とみられる市営地下鉄七隈線の延伸工事。事故現場では岩盤が硬いといった理由から、掘削機でトンネルを掘り進めながら内壁にコンクリートを吹き付ける「ナトム工法」が採用され、24時間態勢で工事が進められていた。