環太平洋連携協定(TPP)承認案の衆院採決の時期が政府、与党の当初想定から大幅にずれ込んでいる。山本有二農相発言の問題化に加え、国会運営の司令塔となる自民党国対の調整不足が露呈。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加