■神埼

 安部 省(あべ・せい)積極的に地域ボランティアに取り組んだ。「電子機器の小さな部品を作る研究者か技術者になり、国際的に活躍したい」と佐賀大理工学部に進み、大学院進学も見据える。佐賀市本庄町。

 村山 碧(むらやま・あおい)文化祭の書道パフォーマンスが思い出。「祖父が入院していたときに対応してくれた看護師が家族にも優しく対応してくれた」と佐賀大医学部に進んで看護師を目指す。みやき町。

 黒木 愛結(くろき・あゆ)「海外の人に英語で対応する航空会社のグランドスタッフが小学生の頃からの憧れ」。高校でも英語力向上に励んだ。北九州市立大外国語学部で英語力を磨く。鳥栖市秋葉町。

 實松 凪彩(さねまつ・なぎさ)バスケットボール部。膝の大けがを2度経験したが「みんなの支えで、最後の総体で最高のプレーができた」。金融業への就職を目指し、大分大経済学部へ。神埼市千代田町。

 猪原 諒司(いのはら・りょうじ)「生徒会長になって自分を変えることができた」。地域経済の発展に貢献できる経営コンサルタントになることを目指し、福岡大経済学部で勉学に励む。鳥栖市元町。

 吉田 有李(よしだ・ゆうり)女子サッカー部ゲーム主将として県高校総体優勝に貢献。将来は「一人一人と向き合い、信頼される看護師になりたい」と聖マリア学院大看護学部で知識を深める。鳥栖市元町。

 末永 達也(すえなが・たつや)車いす生活ながら「毎日、元気よく学校に行くことができた」。佐賀コンピューター専門学校で学びを深め、「人とふれ合えるパソコン関連の仕事に就きたい」。神埼市千代田町。

 

■佐賀学園

 江口 愛(えぐち・あい)生徒会長。文武両道を貫いて周囲の模範となり、「みなさんの支えのおかげで最高の学校生活を送れた」。教師を志し、東京理科大で大好きな数学を究める。太良町。(成穎高等部)

 野口 志佑(のぐち・しゅう)学内上位の成績を保ち、野球部との両立に励んだ。北九州市立大地域創生学群に進んで競技を続け、「将来はスポーツに関わる仕事に就きたい」。福岡県小郡市。(普通科)

 松田 龍(まつだ・りゅう)水泳部。午前5時半からの早朝練習が実を結び、3年の全国総体では2種目で3位入賞を果たした。日体大体育学部に進み、目指すは「インカレで優勝」。佐賀市鍋島町。(普通科)

 伊藤 優(いとう・まさる)水泳部に属しながらITパスポートなどの資格を取得し、「努力する大切さを学んだ」。海外での仕事に興味があり、佐賀大経済学部で語学を磨く。鳥栖市藤木町。(情報処理科)

 糸山 大賀(いとやま・たいが)男子バレーボール部主将。昨夏アジアユース選手権(U-18)でベストセッター賞に輝き、「世界が広がった」。福岡大スポーツ科学部で技を磨く。鹿島市古枝。(情報処理科)

 城野 夏綺(じょうの・なつき)常に成績上位で、全商簿記2級など多数の資格を取得。応援リーダーを務めた体育祭が心に残る。佐賀銀行に就職し「地域に貢献したい」。佐賀市巨勢町。(情報処理科)

 永松 佑理(ながまつ・ゆうり)吹奏楽部部長。マーチング全国大会で銀賞に輝き、「部員に恵まれた」。西鉄国際ビジネスカレッジに進み、グランドスタッフの夢をかなえる。唐津市和多田。(情報処理科)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加