山口祥義知事(左)から表彰状を受け取る受賞者=佐賀市新栄東のガーデンテラス佐賀

佐賀市 社会福祉事業に貢献した人を表彰する「佐賀県社会福祉功労者表彰式」が29日、佐賀市新栄東のガーデンテラス佐賀で開かれた。長年にわたり地域で活動してきた民生委員やボランティア団体などに表彰状や感謝状が贈られた。

 112人と計九つの地区や団体などが表彰を受けた。式では、山口祥義知事が前日に行われたサッカーのアジア・カップのイラン戦に触れ「ふとした瞬間に隙が生まれる。福祉も一緒で現場で一人一人が頑張っているから成り立っている。助け合いの精神を持ちみんなの力で頑張っていきたい」とあいさつした。

 県知事表彰を受けた民生委員の熊本典宏さん(唐津市)は「栄誉と感謝の気持ちは生涯忘れない。周囲の理解と協力があったからこそ活動できている」とこれまでを振り返り、「少子高齢化で急激に変化する社会で、決意を新たに社会福祉によりいっそう尽くしたい」と力強く話した。

 そのほか、昨年11月に表彰されたボランティア功労者に対する厚生労働大臣賞など35人3団体への賞の伝達もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加