九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)への使用済み核燃料を保管する乾式貯蔵施設の新設と、貯蔵プールの容量を増やすリラッキング工事計画に関して、市民団体が29日、九電と佐賀県に対して反対の申し入れ書や要請書を提出した。

 玄海原発対策住民会議と佐賀県原発問題対策協議会が連名で申し入れた。書面では、建設手続きが進む乾式貯蔵施設の設置の撤回と、リラッキング工事をしないよう求めている。

 玄海町の玄海エネルギーパークで、九電側に申し入れ書を手渡した住民会議の成冨忠良会長らは「核燃料サイクルは破綻しており、処理方法を決めるのが先。無責任だ」と批判。燃料が長期保管になる可能性についても懸念を示した。受け取った九電の担当者は「経営層に伝える」と応じた。

 佐賀県に対しては、山口祥義知事宛に計画を了解しないよう求める要請書を提出。対応した県原子力安全対策課の諸岡泰輔課長は「県知事はじめ県全体として、こういう御意見があることを共有したい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加