■一度は描いた夢、エッジで叶えてみませんか?

私は、新聞を読む社会人向けにエッジ国際美容専門学校の広告を作りました。学生の頃、美容の仕事に憧れていた人がこの作品を見て「やっぱり美容師になりたい」と思ってもらえるような作品にしたいと思い作りました。見た瞬間にキャッチコピーが目につくように大きく書き、全体を黄色に仕上げ明るくなるようにしました。一つ一つの文字が見やすくなるように枠を作ったり、「夢」という字を大きくし色を変えることにより、より印象づくように工夫しました。明るい未来を見るという意味を込めて、常に太陽を見て咲いているひまわりを使いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加