ゆっくりと高級チョコを味わう参加者=佐賀市の佐賀玉屋

味見会で出された高級チョコ

 バレンタイン向けに販売する高級チョコレートの味見会が27日、佐賀市の佐賀玉屋で開かれた。応募の倍率6倍という狭き門をくぐり抜けた参加女性23人が、国内外のチョコレートに舌鼓を打った。

 4回目を迎える人気イベントで、130人から応募があった。味見をしたのは、量販店には流通しない8種類。参加者は、一粒ごと並べられたチョコの写真を撮ったり、手にとって大切そうにかじったり、うれしそうに「甘い時間」を過ごした。

 担当の篠原圭太営業企画課長は、「高くてもおいしい物をと考えるお客さまが多く、女性同士でシェアする人も多い」と最近の傾向を語った。参加した女性(45)=佐賀市=は「この時期しか買えない商品も多く、自分が食べるための参考になります」と、早速気になる商品を見つけた様子。2回目の参加だという女性(23)=福岡県大川市=は「前回も試食後、おいしかったチョコを買いに訪れました。とても楽しくて幸せ」と笑顔を見せた。

 終了後には気に入ったチョコへの投票も行われ、1位には、「ヴェストリ」(イタリア)の最高級カカオを使った口溶けの良いチョコが選ばれた。佐賀玉屋では30日から、約40ブランドのチョコを扱う特設コーナーを本館1階に設ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加