小城藩を脱藩後「祇園太郎」を名乗り、志士として活動した後、病気療養し故郷で没した古賀利(とし)渉(ゆき)(1833~1866年)の足跡をたどるテーマ展「もゆるおもひに」が、小城市立歴史資料館で開かれ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加