権田「もっと成長したい」 昨季、鳥栖のJ1残留に貢献

 昨季サガン鳥栖のJ1残留に大きく貢献した守護神・権田が2度目の海外挑戦を決断した。「一度きりの人生。もっと成長したい」-。佐賀新聞社の取材には飽くなき向上心を常々口にしていた。

 権田は2016年、FC東京から期限付き移籍したオーストリア2部のSVホルンで1年間プレーした。欧州でのプレー継続を模索し、17年はFC東京との契約を両者合意のもとで解除した。だが、願いはかなわず、シーズン開幕の3週間前に鳥栖入りが決まった。

 昨年末から日本サッカー界のGKの歴史をつくってきた川口能活、楢崎正剛が相次いで現役を引退。川口にあこがれ、日本代表としての活躍も誓う権田は、支えてくれた全ての人への感謝を胸に、新たな一歩を踏み出す。

このエントリーをはてなブックマークに追加