白石

 山北 夢羽(やまきた・ゆめは)全日本空手道選手権一般女子55キロ以下級で優勝。「企画甲子園」では最優秀賞を受賞した。「国際的に活躍できる警察官に」。北九州市立大法学部に進学する。武雄市東川登町。

 庄島 亜美(しょうじま・あみ)女子剣道部主将を務め、全国高校総体で団体5位。1年時の全国高校総体では個人3位に輝いた。「頼りにされる警察官になりたい」と鹿屋体育大に進む。佐賀市三瀬村。

 平 駿介(たいら・しゅんすけ)全国高校陸上選抜大会男子3000メートルで2位。インターハイにも出場した。「箱根駅伝で4年連続区間賞を取りたい」と、順天堂大スポーツ健康科学部に進学する。白石町。

 石戸 亮(いしと・りょう)男子弓道部主将を務め、県高校体育連盟の模範競技者賞を受賞した。「研究者になってエネルギー問題の解決に関わりたい」と夢を描き、国立大学理系を志望する。白石町。

 土井 健誠(どい・けんせい)成績優秀で、英検2級を取得。サッカー部でも活躍し、文武両道を体現した。「自分自身の考えの幅を広げたい」と、国立大学文系への進学を目指す。白石町。

 池田 龍平(いけだ・りゅうへい)野球部主将としてチームを統率。全国高校野球佐賀大会では選手宣誓を務めた。「緊張したが貴重な経験になった」。九州国際情報ビジネス専門学校に進む。白石町。

 村島 紅乃実(むらしま・このみ)女子弓道部主将で国体九州ブロック大会に出場した。「部活動の影響が大きかった」と振り返る。特別支援学校の教員を目指し、佐賀大教育学部へ進学する。武雄市北方町。

 

龍谷

 石橋 あすか(いしばし・あすか)吹奏楽部部長。九州吹奏楽コンクールの金賞などに導いた。九州龍谷短期大学保育学科に進学する。「笑顔で責任感のある保育士になりたい」。武雄市北方町。(保育コース)

 平瀬 大(ひらせ・だい)サガン鳥栖U-18所属。早稲田大学スポーツ科学部に進学する。「サッカーを続けて関東リーグに出場したい」。夢はサガン鳥栖へのプロ入り。長崎県佐世保市出身。(総合コース)

 安藤 千真(あんどう・かずま)剣道部主将。九州大会の個人で優勝した。立命館大学産業社会学部に進み、「剣道部のレギュラーを目指して頑張りたい」と意気込む。名古屋市出身。(総合コース)

 佐々木 拓朗(ささき・たくろう)陸上部に所属し、3年の全国高校総体の走り高跳びで8位入賞。福岡大学スポーツ科学部に進み、「高校の保健体育教師になりたい」。佐賀市兵庫町。(文理進学コース)

 黒木 聖也(くろき・せいや)サッカー部主将。全国選手権大会初出場で、初勝利を挙げた。私立大学文系を志望する。「将来はプロサッカー選手になりたい」。沖縄県宜野湾市出身。(文理進学コース)

 江島 早紀(えじま・さき)成績優秀。華道部と生徒会に所属するなど幅広い分野で活躍した。国立大学法学部を志望。「法を学び、将来は法律関係の職に就きたい」。みやき町。(特進コース)

 足立 誠(あだち・まこと)生徒会長。学校最大のイベント「龍高祭」を成功させた。「自分を成長させるいい機会だった」。成績優秀で、国立大学の理系学部への進学を希望。佐賀市神野東。(E特進コース) 

このエントリーをはてなブックマークに追加