トークショーで笑顔を見せる(左から)東洋大の中村拳梧選手、鈴木宗孝選手、小笹椋選手

 箱根駅伝で総合3位の東洋大から中村拳梧選手、鈴木宗孝選手、小笹椋選手が10キロのレースに登場。特別招待選手として大会を盛り上げた。

 3回目の出場となった小笹選手は「高校生としゃべりながら走ることができた」と大会を満喫した様子。鈴木選手も「ロードレースに出場した目的は人によって違うが、目標を見失わずに努力を続けてほしい」と市民ランナーたちを応援した。

 レース後にあったトークショーでは佐賀の印象にも話が及び、中村選手は「吉野ケ里は空気がおいしい。歴史が好きなので、遺跡が近くにあるのはうらやましい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加