白濁のスープの中で、淡い雲のような豆腐がぐつぐつと煮立っていた。れんげで豆腐をすくって口に運ぶ。熱々の豆腐を口に含んだ瞬間、溶けるような柔らかい食感が広がった。嬉野を代表する名物の一つ嬉野温泉湯豆腐。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加