女子決勝・佐賀女子-神埼・武雄 PK戦の末、初優勝を決めて喜ぶ佐賀女子イレブン=佐賀市人工芝グラウンド

男子決勝・佐賀学園-武雄 前半32分、佐賀学園のMF井上翔斗が直接フリーキックを決め、1-0とする=佐賀市人工芝グラウンド

 佐賀県高校サッカー新人大会最終日は27日、佐賀市人工芝グラウンドで男女の決勝があった。男子は佐賀学園が3-0で武雄を退けて5年ぶり17度目の頂点。女子は佐賀女子が神埼・武雄をPK戦の末に破り、初優勝を果たした。

 男子の佐賀学園は前半32分、MF井上翔斗が直接フリーキックを決めて先制。後半7分にMF山口泰嗣が追加点を奪うと、同9分にもDF久本竜輝がシュートを決めて粘る武雄を突き放した。

 女子の佐賀女子は後半25分に相手に勝ち越しを許したが、直後の同26分、FW島内寿珠がシュートを決めて同点に追い付いた。延長でも決着がつかず、最後はPK戦を4-2で制した。

 男子優勝の佐賀学園と準優勝の武雄、女子優勝の佐賀女子は2月15日から熊本県である九州大会に出場する。

 

【男子】

▽決勝

佐賀学園 3 1-0 0 武雄

       2-0

▽得点者 井上翔斗、山口泰嗣、久本竜輝(佐)

【女子】

 ▽決勝

佐賀女子 2 1-1 2 神埼・武雄

       1-1  

       延 長

       0-0

       0-0

     (PK4-2)

▽得点者 小池南望、島内寿珠(佐)陣内里菜、納富晴菜(神)

このエントリーをはてなブックマークに追加