任期満了に伴う藤津郡太良町長選は29日、告示される。無所属の新人3人が立候補を表明しており、12年ぶりに選挙戦になる見通し。投開票は2月3日。

 出馬を予定しているのは前副町長の永淵孝幸氏(70)=大川内=とまちづくり団体理事長の山口一生(いっせい)氏(35)=伊福=、前町議の田川浩氏(54)=亀ノ浦。現職の岩島正昭氏(72)=3期=は立候補しない意向を示している。著しいペースで進む人口減少への対策や、基幹の1次産業の振興にどう取り組むかが問われる。

 永淵氏は子育て支援や定住促進に取り組んできた現町政の継続を訴える。山口氏は世代交代を掲げ、農漁業の後継者育成や交流人口増加を目指す。田川氏は町政刷新を訴え、積極的に企画提案ができる役場づくりを主張する。

 立候補の届け出は29日午前8時半から午後5時まで、町役場2階で受け付ける。期日前投票は30日~2月2日の午前8時半から午後8時まで町役場ロビーで実施する。

 選挙人名簿登録者数は7600人(男性3619人、女性3981人)=昨年12月1日現在。

このエントリーをはてなブックマークに追加