「椿とフクロウ展」を開いている浦川友喜さん。ツバキは主に店舗駐車場に展示=有田町のうらかわ茶道具店

 有田町泉山でうらかわ茶道具店を経営する浦川友喜さん(75)が、「椿とフクロウ展」を開いている。さまざまな色や形のツバキ約400鉢と、石彫りや焼き物のフクロウ約60点を並べている。

 ツバキは茶花用に、40年ほど前から収集して栽培。数が増え手狭になったため、愛好家らに譲ることにしたという。フクロウの置物によるまちづくりに携わったこともあり、各地で集めた石彫りや自身が営む「㐂(き)兵衛窯」の焼き物を展示する。ツバキ、フクロウの置物ともに一部を除き購入できる。

 3月末まで開催予定だが花の咲き具合で前後する。時間は午前10時~午後4時で不定休。問い合わせは浦川さん、電話0955(42)3075へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加